フッ素配合歯磨き粉を正しく使おう!【知らないと効果ゼロ】

歯みがき

フッ素入りの歯磨き粉を使っているけど
何となく使っています。

それでも大丈夫?

フッ素がむし歯予防に効果があるというのは有名ですよね。

きっとあなたが今使っている歯磨き粉にも
フッ素が入っているはず。

でもフッ素入りの歯磨き粉を正しく使わないと
効果が無いって知っていますか?


✔︎ この記事の内容

・フッ素入り歯磨き粉の正しい使い方

・フッ素入り歯磨き粉の注意点

・歯科衛生士が選ぶむし歯予防歯磨き粉

【筆者紹介】
歯科衛生士歴10年。歯のプロ。
その間に学んだむし歯や歯周病の知識を
ブログを通して発信中。

 

歯磨きするときに歯磨き粉をつけている方は多いはず。
せっかく使っているのに全く効果がない、
なんてことにならないように
むし歯予防したい方は必見です。

 

その前になぜむし歯になる?
むし歯の原因についてはこちらの記事を参考にどうぞ。
むし歯の原因知っている?知らないと怖いむし歯のお話

 

スポンサーリンク

フッ素配合歯磨き粉を正しく使おう!

早速本題です。
この方法で歯磨きをするとフッ素の効果を
最大限活用できます。

ぜひ覚えておきましょう。

フッ素入り歯磨き粉の使い方

ここで紹介するのは
歯科先進国であるスウェーデン発祥の
イエテボリテクニックという方法です。

①歯ブラシに2cmほどの量歯磨き粉をつける。


※この時歯ブラシはぬらさない

②歯磨き粉を歯全体に広げ、2分間歯磨きをする
低発泡のものを使用すると発泡が減り時間をかけて磨ける

③吐き出した後はうがいをしない
もしうがいをしたい場合は少量の水で1回のみ

④その後2時間は飲食をしない
最低でも30分は飲食をしないでおきます

これだけ覚えておけばOK!フッ素を効果的に使うポイント

3つのポイントを覚えておけばフッ素を最大限活用できます。

その①:歯磨き粉の量を守る(2cm)

その②:歯全体にしっかり広げる

その③:うがいはできるだけしない

特に③はあまり知られていませんが、
この記事で1番重要なポイントなので
要チェックですよ。

もう一度言います。
フッ素入り歯磨き粉で磨いたあとは
「うがいはできるだけしない」

 

もう覚えましたね(^^)

フッ素入り歯磨き粉を使う際に注意すること

さてここまで読んで

そんなに良いものならたくさん使えば良いのでは?

こう思う方もいるかもしれません。

最後にフッ素入り歯磨き粉を使用する時に注意したいポイントが
ひとつだけあります。

✔︎ フッ素を多量に摂るとどうなる?

フッ化物は適量ではむし歯予防に役立ちますが、一度に過剰摂取すると急性中毒を起こします。 症状としては、悪心・嘔吐などが考えられます。

引用:奈良県歯科医歯科医ウェブサイト

フッ素は一度に摂りすぎると
急性中毒を起こし吐き気などを引き起こす可能性があります。

しかしその量は歯磨き粉のチューブを1本丸々飲み込むくらいの量
と言われているので大きな心配はいりません。

※ただし小さなお子さんがいる場合は注意が必要です。
保護者が目の届くところで使いましょう。

たくさん使えば良いというわけではないので
適量を守り正しく使いましょうね。

 

歯科衛生士が選ぶ。むし歯予防歯磨き粉

最後にどの歯磨き粉を選べば良いか分からない。

私のオススメを紹介していきます。

これを選べば間違いなし。

チェックアップスタンダード

「ミント味が強すぎるのは嫌」

「泡が立ちすぎるのはちょっと…」

 

しっかり磨きたい時にこの2つはとても大切。

さらにこの歯磨き粉はフッ素濃度が高いので
むし歯予防に最適です。

※現在日本の法律で決められている最高濃度配合

チェックアップスタンダード製品ページ

 

クリニカアドバンテージコートジェル

「フッ素の効果をより高めたい」

そんな方にはこちらがオススメ。

この歯磨き粉はジェルタイプなので
磨くというよりも
フッ素でコーティングするイメージです。

今お気に入りの歯磨き粉がある方は
使っている歯磨き粉で磨いた後に
こちらを塗るといった使い方もできます。

 

✔︎オススメの使い方

寝る前に使うのをオススメします。

①歯ブラシにジェルをつける

②歯の表面に広げ軽くブラッシングする

③フッ素が残るようにすすぎは少量の水で1回のみ

 

クリニカアドバンテージコートジェル製品ページ

 

 

フッ素配合歯磨き粉まとめ

✔︎ フッ素入り歯磨き粉の正しい使い方

その①:歯磨き粉の量を守る(2cm)

その②:歯全体にしっかり広げる

その③:うがいはできるだけしない

✔︎ 一度にたくさん摂ると急性中毒になることがあるので注意

 

現在市販されている歯磨き粉の90%には
フッ素が入っていると言われています。

つまりほとんどの人がフッ素入りのものを使っています。
あとは正しい使い方が出来ているかどうか。

 

フッ素を上手に使って
一緒にむし歯ゼロを目指しましょうね!

 

参考文献

関連記事
子供の歯磨き粉についてはこちらの記事を参考に。
パパママ必見【子供用】オススメ歯磨き粉!歯科衛生士が解説

 

この記事を書いた人
しどまる

歯科衛生士歴10年/歯の健康への意識をあげるべく歯科ブログを執筆/現在は男の子育児に奮闘するママ/

しどまるをフォローする
歯みがき
スポンサーリンク
しどまるをフォローする
しどまるBlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました