パパママ必見【子供の歯の守り方】むし歯に負けない予防法

子供の歯

子供のむし歯が心配…。

親ができることを知りたい。

世のパパさんママさん
毎日の育児本当にお疲れ様です!

子育ての悩みはたくさんありますが、
子供の「むし歯」心配ですよね。

私も1歳の男の子を育てながら
親が子供にしてあげられることって
何だろうと考えた結果

「20歳でむし歯が1本もない状態をプレゼントする」

これってか・な・り!
子供の人生にとって大事なことだと
歯科衛生士の私は考えています。

理由はむし歯で痛い思いをすることがないし
なにより健康な歯で食事ができるからです。

人間にとって食事って大事ですからね。

✔︎この記事の内容

・子供の歯の守り方

・よく聞かれるむし歯の疑問

・パパママ自信が気を付けること

子育てってやることが多すぎて
歯のことだけ考えるなんて
なかなか難しいですよね。

この記事では子育て中の私が実際に
気をつけているポイントを紹介していきます。

ズボラな私でもできているので
きっと誰にでもできます。

✔︎現在子育て中のパパママ
✔︎これから子育てする予定の方
✔︎お孫さんをお持ちの方

知っておいて損はないですよ。

その前にこちらの記事でむし歯の原因について知っておくと
理解しやすいので参考にどうぞ。
むし歯の原因知っている?知らないと怖いむし歯のお話

 

 

スポンサーリンク

参考文献

今回はこちらの本を参考にさせていただきました。
歯科医師の熊谷崇先生が書いている本です。
世界的にも有名な方で信頼性はかなり高いです。

パパママ必見!【子供の歯の守り方】むし歯に負けない予防法

さてそれではどうすれば
大切な子供の歯を守れるのでしょう。

✔︎結論:「むし歯菌」と「歯自体」それぞれに対策をする。

子供の歯を守るためには
この2つがとても重要になってきます。

特にむし歯の原因である「むし歯菌」は
ほとんどが親から感染して
子供にうつるといわれています。

おおまかなむし歯の予防法は大人と変わりませんが、
唯一この「むし歯菌の感染」は
子供のむし歯予防にとても重要です。

むし歯菌から歯を守る方法

「3歳までにむし歯にならなかったら一生大丈夫」
こんな話を聞いたことがある人も多いはず。

実際これは100%正しいわけではないですが
全く的外れというわけでもないです。

むし歯菌であるミュータンス菌は
子供が19〜31ヶ月の間に定着すると言われています。
(だいたい1歳半から2歳前後ですね)

つまりこの時期に感染を気をつければ
むし歯になるリスクを抑えることができます。

✔︎具体的な方法

その①:スプーンや箸を共有をしない

その②:キシリトールをたべる

その③:歯磨きをする

 

その①:スプーンや箸を共有しない

ミュータンス菌は唾液の中にも住んでいるため
パパやママが使ったスプーンなどを共有すると
感染リスクが高くなります。

…って教科書とかには書いてあるんですけどね。

すみません、正直実際子育てしてたら無理に近いです。

私も独身時代患者さんに何百回と指導してきましたが
100%は難しいです。

しかもよくあるのが
おばあちゃんが口移しであげちゃったり
おじいちゃんがかじった食べ物をあげちゃったり。

もちろん祖父祖母にも気をつけてもらいますし
パパやママもできる限りスプーンなどの共有は控えましょう。

でも何もしないよりは絶対効果はあるはず!
ぜひ気をつけてみてください。

その②:キシリトールを食べる

これもできることなら家族全員でやると良いですね。
ミュータンス菌の活動を弱くする効果があります。

2歳頃になればタブレットタイプが食べれるのでオススメですよ。

子供って歯磨きもなかなか上手くできないし
キシリトールでの予防は効果的です。

・甘いものがやめられない
・唾液が少ない

そんなお子さんにもオススメです。

唾液は歯を守ってくれていますが
キシリトールの甘さによって
分泌が促されます。

その③:歯磨きをする

歯の表面についた汚れの中には
むし歯菌がたくさん住んでいます。

歯に汚れが着いたままだと
もちろんむし歯のリスクはあがります。

そして子供は上手に歯磨きできません。
自分で磨く習慣もつけながら
仕上げ磨きもしてあげましょう。

私が働いていた歯科医院では
小学校4年生までは親による仕上げ磨きを
推奨していました。

正直面倒だし子供が大きくなると
恥ずかしがってやらせてくれなくなる子が多いですが
ここは子供のために頑張りましょう。

歯への対策

むし歯は歯が溶ける病気なので
歯への対策もとても大切です。

✔︎具体的な方法

その①:フッ素の活用

その②:シーラントをする

 

その①:フッ素の活用

フッ素は濃度によって

✔︎自宅で使用するもの
✔︎歯科医院で塗ってもらう

この2種類があります。

毎日使えるものは濃度が低く
歯科医院で使用するものは濃度が高いです。

お家ではフッ素入りの歯磨き粉を使いましょう。
そして定期的に歯科医院でフッ素を塗ってもらうのも大切です。

歯磨き粉選びについてはこちらを参考にどうぞ
パパママ必見【子供用】オススメ歯磨き粉!歯科衛生士が解説

その②:シーラントをする

「シーラント」って知ってますか?

奥歯には噛む面に深い溝があります。
その溝にむし歯菌が入りこみにくい環境を
予防的に作ってあげるのがシーラントです。

このシーラントをするかどうかは
歯科医師の判断によります。

実際に歯科医院で診てもらい相談してみると良いですね。

おまけ:おやつタイムに注意

常に何か食べている状態が続くと
その間はずっと歯が溶けているので
だらだら食いも危険です。

子供が泣いたらついお菓子などを
あげたくなりますが
そこはグッと我慢しておやつの時間を決めましょう。

私は15時から16時の間で
15分ほどをおやつ時間にしています。


その他の時間に子供がグズったら

お散歩したりオモチャで遊ばせたりして
気を紛らわせています。

よく質問されること

続いて患者さんによく質問されることを
3つ紹介していきたいと思います。

その1:牛乳はむし歯の原因になる?

むし歯菌のエサは糖分です。
牛乳にも乳糖という糖分が含まれているため
むし歯の原因になります。

寝る前に飲むのは
お水かお茶にしましょう。

その2:子供もフロスをした方が良いの?

歯ブラシだけで磨いても
歯と歯の間にはまだ40%の汚れが残っています。

それは子供も大人も同じなので
フロスは必要です。

小さいうちから使っていれば
成長してもきっと自分でフロスをしてくれる子になりますよ。

その3:歯磨きしないで寝てしまったら

毎日歯磨きせずに寝てしまうのは困りますが
やむを得ず寝てしまった場合は
無理やり起こすわけにもいかないですよね。

そんな時は朝起きたらしっかり歯磨きすれば大丈夫です。

ただ寝ている間はむし歯になりやすいので
歯磨きをしてから寝る習慣は心がけましょうね。

 

パパママ自身が気を付けること

それでは最後にパパとママが気を付けることです。

最初にお話したように
むし歯菌は感染します。

しかしお口の中を清潔に保つことで
感染のリスクを下げることができるんです。

そのためには
パパやママさらには
おじいちゃんおあばあちゃんまで。

家族みんなの意識が大切です。

毎日の歯磨きにプラスして
定期的に歯科医院でクリーニングすることで
お口の清潔が保てますよ。

関連記事
歯の定期検診受けていますか?9割は知らない不都合な真実

まとめ

いかがでしたか。
あなたの大切な子供の歯の守り方。

①:むし歯菌の感染にできる限り注意する
・スプーンなどの共有はしない
・キシリトールを食べる
・歯磨きをする

②:歯への対策

・フッ素で歯を強くする
・必要があればシーラントをする
・おやつタイムに注意

③:家族で定期検診を受ける

何かひとつ心がけるだけでも
むし歯から子供の歯を
守ってあげられる可能性は高くなります。

そして20歳の時にむし歯のない歯をプレゼントしましょう。

それでは今回はここまで。
次回は子供のオススメ歯磨き粉を紹介します。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事を書いた人
しどまる

歯科衛生士歴10年/歯の健康への意識をあげるべく歯科ブログを執筆/現在は男の子育児に奮闘するママ/

しどまるをフォローする
子供の歯
スポンサーリンク
しどまるをフォローする
しどまるBlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました