歯間ブラシの使い方【フロスとの使い分け】動画つきで解説

歯みがき
しどまる
しどまる

こんにちは!しどまるです!

前回はデンタルフロスのお話をしましたが
今回は歯間ブラシのお話です。

 

歯間ブラシってフロスとはどう違うの?

こんな悩みに答えます。

✔︎この記事の内容

・歯間ブラシはこんな人向け

・歯間ブラシの使い方【動画あり】

・歯間ブラシのサイズ選び

 

しどまる
しどまる

歯科衛生士歴10年の私が

動画つきで解説します!

 

フロスが難しいから歯間ブラシ使ってるよ〜

って人たまにいるんですけどそれは間違い!!

この記事で使い分けと使い方をマスターしましょう。

 

スポンサーリンク

歯間ブラシはこんな人向け

歯間ブラシはこの2つに当てはまる人が使うものです。

その①:歯の隙間が大きい人

その②:ブリッジが入っている人

それでは分かりやすく説明していきますね。

その①:歯の隙間が大きい場合

 

 

 

 

 

 

歯ぐきが下がって隙間が大きくなると
フロスだけでは効率が悪いので
歯間ブラシの使用がオススメです。

 

なぜ歯ぐきが下がる?

いろいろな原因がありますが

✔︎歯周病が進行している

✔︎加齢

✔︎歯の矯正のため

といった理由から歯ぐきが下がることがあります。

歯間ブラシで効率よく汚れを落としましょう

その②:ブリッジが入っている場合

ブリッジとは
上のイラストのように
真ん中の歯がなくなった場合に入れる
3本つながった被せ物のことです。
3本つながっているため上からフロスが入りません。
そこで歯間ブラシを使います。

 

歯間ブラシを使ったらフロスは不要?

実は歯間ブラシだけでは
歯と歯が接している部分をきれいにできません

フロスは上から通すことで
歯と歯が接している部分の汚れも
落とすことができるんです。

つまり歯間ブラシだけでは取れない汚れを
フロスでキレイにする必要があります。

 

しどまる
しどまる

歯間ブラシとフロス両方使うのは
面倒ですがそれぞれの役割を知って
使い分けをしましょう。

 

歯間ブラシの使い方【動画あり】

歯間ブラシは前歯と奥歯で使い分ける方法が一般的です。

前歯に使う

前歯にはI(アイ)字型歯間ブラシを使います。
ストレートタイプとも言います。


上の歯は下向きに、下の歯は上向きに

ゆっくりと挿入し2,3回動かして汚れを取ります。

✔︎動画で使い方をチェック

動画参照元:クラブサンスター

前歯は初心者でも比較的使いやすいので
まずは鏡を見ながら練習をしてみましょう。


 

奥歯に使う

奥歯にはL字型歯間ブラシを使います。

奥歯は鏡で見えないので少しコツが必要ですが
慣れればスムーズに通せるようになりますよ。

動画参照元:クラブサンスター


重要!歯間ブラシのサイズ選び

 

しどまる
しどまる

それでは最後に歯間ブラシのサイズ選びについてです。

 

歯間ブラシにはサイズがあるので
隙間の大きさに合わせて使いましょう。

大きな隙間に細いものを使うと汚れがしっかりと落ちません。
反対に狭い隙間に太いものを使うと歯ぐきが傷ついてしまいます。

初めて使う時は小さなサイズのものから使いましょう。
サイズ選びに迷った時は歯科医院で相談してくださいね。

 

歯間ブラシの使い方まとめ

最後にもう一度この記事のおさらいです。

歯間ブラシはこんな人向け

✔︎歯の隙間が大きい

✔︎ブリッジが入っている

この2つに当てはまる人はフロスの他に
歯間ブラシも使うことをオススメします。

汚れの落ち方がアップするので驚きますよ。

 

歯間ブラシの使い分け

✔︎前歯にはI字型

✔︎奥歯にはL字型

 

歯ブラシやフロスで取れないところに
歯間ブラシが役立ちます。

使い方をマスターして
むし歯や歯周病予防をしましょう^^

この記事を書いた人
しどまる

歯科衛生士歴10年/歯の健康への意識をあげるべく歯科ブログを執筆/現在は男の子育児に奮闘するママ/

しどまるをフォローする
歯みがき
スポンサーリンク
しどまるをフォローする
しどまるBlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました