いまさら聞けない正しい歯の磨き方。基礎から動画で解説!

歯みがき

いつも何となくやってるけれど

歯の正しい磨き方が知りたいです!

 

こんにちは!

歯の磨き方って小学校の時に教えてもらった気がするけれど
そんなの当たり前に覚えてませんよね。

この記事では歯ブラシの持ち方など基本的なことから
歯の磨き方を解説していきます。

✔︎この記事の内容

・歯ブラシの持ち方と力加減

・歯の磨き方3つのポイント

・歯磨き後の最終チェック

 

【筆者紹介】
歯科衛生士歴10年で
むし歯、歯周病についての知識は豊富。
お口の健康に興味を持ってもらえるように
情報を発信中です。

 

この記事を読んで
誰も教えてくれない歯磨きの方法を知りましょう。
読み終わったらきっと歯磨きしたくなりますよ。

 

スポンサーリンク

正しい歯の磨き方。その前に要チェック!持ち方と力加減

歯の磨き方の前にまずは基本的なところから。

歯磨きって実は力加減がとても大切。
強く磨きすぎると歯ぐきを傷つけたり
歯がすり減ったりすることもあるんです。

歯ブラシの持ち方

歯ブラシはこのように鉛筆を持つように持ちます。

✔︎鉛筆持ちにする理由

・細かく動かしやすい
・力のコントロールをしやすい

握って持つと余計な力が入るので要注意です。

磨き圧

今使ってる歯ブラシこんなかんじに毛先が広がっていませんか。

正しい力で磨いていれば毛先は広がらないので
少し強すぎるかもしれません。

毛先が開いてしまう人は
今よりも力を抜いて優しく磨いてみてくださいね^^

歯の正しい磨き方。3つのポイントを押さえればOK!

実はむし歯になりやすい場所は決まっています。

①噛む面

②歯ぐきの際

③歯と歯の間

歯周病予防には歯ぐきの際のブラッシングが効果的。

3つ目の歯の間は
デンタルフロスや歯間ブラシを使わないとうまく磨けません。

 

歯の間の磨き方についてはこちらの記事を参考にどうぞ。
意外と知らないデンタルフロスの使い方【動画つきで解説】

歯間ブラシの使い方【フロスとの使い分け】動画つきで解説

 

つまり歯ブラシで磨く上で大切なのは①と②。
あとは前歯の裏側この3つです。

歯ぐきの際、噛む面、前歯の裏側この3つを意識!

・歯ぐきの際
・噛む面
・前歯の裏側

この3つを意識して順番に磨いていくと
大事なところが磨けます。

歯ブラシの当て方

歯ブラシ当て方には2つの方法があります。

 

まず基本的な歯ブラシの当て方は歯の面に対して90度に当てる方法。

 

歯周病が気になる方はより歯ぐきの際を狙うこの当て方がオススメ。
45度斜めに当て磨いていきます。

 

✔︎動画で歯ブラシの当て方をチェックする

 

歯ブラシの当て方。噛む面

ここは歯ブラシを小刻みに動かすことで
奥歯の溝の汚れがきれいになります。

✔︎動画で噛む面の磨き方をチェックする

 

歯ブラシの当て方。前歯の裏側

前歯を磨く時は歯ブラシはタテに持ちます。
そして1本1本細かく磨いていきましょう。

ここは歯石が1番つきやすいところなので
特に注意が必要です。

✔︎動画で前歯の裏側の磨き方をチェック

 

歯の正しい磨き方。最終チェック!磨くのが難しいところ

さて歯磨きが終わったら最終確認です。

・生えかけの歯
・歯並びの悪いところ
・被せ物と歯の境目

舌で触ってザラつきがないか確認しましょう!

確実に磨き残しを確認する方法

 

ちゃんと磨けているか分かりません。

もっと分かりやすい方法ないですか?

 

そうですよね(^^;
歯の汚れは歯と同じ色をしているので
鏡で見ても分からないし実際に確認するのは難しいです。

そこで使いたいのが「染め出し液」
歯の汚れに色をつけて磨き残しを分かりやすくしてくれます。
小学校の時にやったことがある人も多いはず。

この染め出し液は
・2.3日以上残っている汚れは青く
・その日の汚れは赤く
2色に分かれて染まるので
青く染まったところが特に自分の苦手な部分。
そこを重点的に磨けば良いので便利です。
✔︎使用方法

・綿棒などで歯の面に塗る
・数回うがいをして鏡で染まった部分をチェック
・もう一度歯磨き

皮膚や洋服につくとなかなか落ちないので注意です!
もちろん毎日使わなくてOKなので
たまにしっかり磨けているかの確認に活用しましょう。
ちなみにお子さんにも使えますよ^^

歯科衛生士歴10年の私がオススメする歯ブラシ

歯磨きをする上で重要なのが歯ブラシ選び。

「なかなかキレイに歯磨きできない」

「いつも歯ブラシ選びに迷っている」

そんな患者さんからオススメの歯ブラシを聞かれますが
私が勧めているのはこれ1択。

・ヘッドが小さくて細い

・持ち手が握りやすい

・ブラシの毛先が段になっていて狙ったとこに当てやすい


画像引用:ruscelloホームページ

 

私がオススメした方は皆これにハマります。


歯の正しい磨き方。まとめ

それでは最後にもう一度おさらいです。

✔︎歯ブラシの持ち方や力加減は大丈夫?
・鉛筆持ちで
・毛先が広がる人は力加減が強いかも
✔︎歯磨きのポイントは3つ
・歯ぐきの際
・噛む面
・前歯の裏側
✔︎最終チェックは染め出し液を使おう

さてここまで読んでくれたあなた!
あとは歯磨きするのみ。

歯磨きって意識してやるの意外に大変なんですよね。
どうしてもボーっとしちゃう。

でも1日のうち朝昼夜どこかでしっかり磨けたら
それだけで十分なんです。

大切な歯のために今日からできること始めませんか。

この記事を書いた人
しどまる

歯科衛生士歴10年/歯の健康への意識をあげるべく歯科ブログを執筆/現在は男の子育児に奮闘するママ/

しどまるをフォローする
歯みがき
スポンサーリンク
しどまるをフォローする
しどまるBlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました